ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

「映倫は俺に嫌がらせをする組織」「あれは利権だと思うんだよな」 監督・北野武が語るテレビじゃ言えない映画論

 2017年4月末、幕張メッセにて開催された『ニコニコ超会議2017』。数ある企画の中でもひときわ注目を集めたのが、『ビートたけしの超「テレビじゃ言えない」会議』。ビートたけしさんに加えて、夏野剛さん水道橋博士さん〆さばアタルさんアル北郷さん松村邦洋さん、が出演し、視聴者からの質問に対して“テレビでは言えない話”を連発。

 映画『座頭市』で、刺した刀が揺れたというだけで映画倫理機構(映倫)からR15指定を受けたことに対して、「わけわかんない。あれは利権だと思う」とビートたけしが“監督・北野たけし”として持論を語った。

関連記事:
・「たこ八郎に東大生の血を輸血して知能指数上がるか実験した」「バス2台で〇×クイズやって、はずれた方を海に沈めた」ビートたけしが語った仰天の放送禁止エピソード

・「99人のバカがいたら、1人の正しいやつがダメになるのが民主主義」ビートたけしが語るテレビじゃ言えない話


左から、夏野剛さん、ビートたけしさん

実写映画とアニメ映画の違いを、監督・北野武として教えてください

夏野:
 じゃあ今、急に指示が来ましたんで、この流れに乗って、『ゴースト・イン・ザ・シェル』の話をいたしましょう。質問をいただいております。大阪府の30代男性からの質問です。「たけしさんは、『攻殻機動隊』の実写版である『ゴースト・イン・ザ・シェル』に出演されていました。」

 皆さん知っていますよね。「私は実写版も楽しみましたが、正直、ある意味アニメ版と別次元の映画だと思いました。私は、アニメはアニメ、実写は実写でしかできない表現があると思っています。たけしさんは最近のアニメの隆盛と今後の実写映画の未来についてどう思われますか?」映画監督としてのたけしさんへのご質問です。

たけし:
 やっぱり同じように小説を映画化すると、主人公のイメージというのは、読んでいる方が勝手にイメージするわけだから、実写版を見たら「なんでこの役者がこの主役やるんだ!?」ってのは誰でも思うこと。

 アニメっていうのはあまり顔の表情は動かないんだけど。一番いい例が“能・狂言”で、能の顔って、どっから見ても同じ顔に見えるんだけど、見方によって顔が変わるわけだよね。能面を付けているのに悲しい顔に見えたり喜びの顔に見えたりもする。

 これは見る方の判断であって、用意されたものを見る方がどう取るかの問題。でも、実写版はそれとは全然違うものだから、実写版は実写版として見て、アニメ版と比較しちゃいけない

 間抜けな食い物のレポーターがいて、ラーメンのレポートで「とんこつ味で美味しい!」って言うと、もうそれだけでとんこつ味が嫌いな客は、レポーターがそう言った瞬間に嫌がるわけだよね。なおかつ「麺がシコシコして美味い!」なんて言うと、「俺は柔らかい麺の方が好きだから、不味いよそれ」ってなるじゃん。

 「チャーシューがこんなに厚くて」とか説明すればするほど、それが嫌なやつが下りていくの。はじめに「美味い」って言った時には100人いた客が、説明を語られることで、じゃんじゃん下りていく。最終的には10人しかいなくなる。

 それと同じで、アニメはアニメのまま100人だけど、実写版にするとアニメを見た人が実写版と比べてしまうんだよね。だから、切り離して考えないとダメだと思うね小説の映画化もそうだよ。

夏野:
 でも、「アニメの方が自分の感情に合わせて解釈できる」っていうこともあると思うのですが。

たけし:
 アニメは表情がそんなに動かないから、秒間24コマでやっているけど、それにしても見る方が一番いい自分を……。

夏野:
 重ねて、ですね。でも、実写の方が売れますよね?

たけし:
 実写、どうなのかねぇ?

夏野:
 実写、大分売れていますよね。

たけし:
 だって、実写版のさいとうたかおの漫画の映画実写版『ゴルゴ13』なんか、高倉健さんものすごいよ。俺、ゴルゴ13の高倉健を見た時、ぶっ倒れたよ。

水道橋:
 そうですね。

たけし:
 それであの映画に出て来るテロ集団が、単なる日本で食い詰めたイラン人だよ、あれ。

〆さば:
 実写版なかなかひどいのが多いですからね。

たけし:
 実写版のドカベンなんて、ずっともう連作でやると思ってたら、ドカベンがユニフォーム着たところで終わっちゃったんだから、柔道着しか着てねえよ。

〆さば:
 9割柔道の話でしたからね、ドカベンの映画は。

北郷:
 ルパン三世の目黒祐樹さんとかありましたよね、昔。

夏野:
 そういう意味では「実写はお金をかけないとダメ」っていう結論が出たようですね。

たけし:
 元々アニメで出てきたものを実写でやるっていうのは、まあ難しいね

「映画」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧