ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

大人と10代の目線の違いを卓越した技術で合わせていく--GW映画のダークホース『スウィート17モンスター』を映画評論家と女優が語る

 新進女優・タレントが週替りで番組MCをつとめる映画情報番組 『シネマのミカタ』。4月19日(水)の第2回の放送では、先週に引き続き、映画トーク番組『生シネ』の映画解説名コンビの中井圭さん、放送作家の鈴木裕史さんが出演。週替わりの番組MCは、女優の岡村いずみさんが担当しました。

 4月22日(土)から劇場公開されている『スウィート17モンスター』。中井さんがゴールデンウイーク映画のダークホースだと予想するこの映画を、出演者の皆さんに自身の胸が痛くなる青春の経験を交えながら、紹介していただきました。

『スウィート17モンスター』公式サイトより。

自分の青春時代の記憶と重ねて見る「誰の物語でもある映画」

左から中井圭さん、岡村いずみさん、鈴木裕史さん。

中井:
 この『スウィート17モンスター』は知名度こそ高くないかもしれませんが、ゴールデンウイーク映画の中で、ダークホースです。

岡村:
 ビートルズが流れる映画は名作【※】。そんな気がします。ビジュアルもかわいいし。

※予告編で流れている『Help!』は、歌手のハウィー・デイがカバーしたもの。

中井:
 (内容は)青春映画なんですよ。80年代にジョン・ヒューズ【※】っていう青春映画をたくさん作っている映画監督がいまして、その監督の作品が好きな人は、これも好きだと思います。

※ジョン・ヒューズ
1980年代に活躍した映画監督。代表作は『ブレックファスト・クラブ』など。『ホーム・アローン』シリーズの脚本も担当している。

鈴木:
 「ああ! あの世界ね!」っていう感じね。

中井:
 そうそう。これは、鈴木さんにとっても、“鈴木さんの物語”だし、いずみちゃんにとっても、“いずみちゃんの物語”だし、僕にとっても“僕の物語”なんです。

相性の悪い母親、リア充の兄。心の支えは幼馴染みの親友

中井:
 アカデミー賞にもノミネートされた、ヘイリー・スタインフェルドが17歳の女の子を演じています。劇中ではお父さん、お母さん、そしてお兄ちゃん、という家族構成なんですね。お父さんはすごく優しいけど、お母さんは娘に対して厳しい。そして、お兄ちゃんは、何でもできるし、めっちゃモテる(笑)。

鈴木:
 リア充……。

『スウィート17モンスター』予告より。

中井:
 主人公は特に何も取柄がない。

岡村:
 お兄さんに引け目を感じちゃうよね……。

『スウィート17モンスター』予告より。

中井:
 友達も全然できないし、という子なんですけど、そんなある日、お父さんが亡くなってしまった。お母さんとは、もともと馬が合わないし、お兄ちゃんも嫌いだし。でも唯一、幼馴染みの女の子がいるんですね。その子が支えだったんだけれども、その子が……。

鈴木岡村
 まさかの!?

中井:
 自分のお兄ちゃんと付き合うというね。

兄と親友のラブシーンを見てしまう。『スウィート17モンスター』予告より。

岡村:
 いやぁ、キツイなぁ。

「映画」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧