ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

4/15(土)・4/16(日)、「とある魔術の禁書目録」全24話をニコ生で一挙放送!

ニコニコ生放送では、4月15日(土)19時より「とある魔術の禁書目録」1話~12話、4月16日(日)19時より13話~24話の一挙放送を行います。

■イントロダクション
舞台は総人口230万人弱、東京西部の大部分を占める巨大な都市。 その人口の約8割が学生ということから、『学園都市』と呼ばれていた。 学園都市の生徒達は、超能力を発言させるための特殊なカリキュラムが組まれていて、 その能力によって、『無能力』(レベル0)から 『超能力』(レベル5)までの6段階で査定されていた。

主人公・上条当麻(かみじょうとうま)は、学園都市の高校生だが、 その評価は落第寸前の無能力(レベル0)。 なぜなら彼の右手には、“異能の力ならなんでも打ち消す” 『幻想殺し』(イマジンブレイカー)と呼ばれる能力が宿っていたからだ。 そして彼はこの右手のおかげで、”神のご加護”まで打ち消してしまい、 常に不幸な人生を送っていた。

しかし、そんな日常に突如変化が訪れる。 夏休みに入ったばかりの日、彼の部屋に、 純白の修道服のシスターがいきなり空から降ってきた。 不思議少女が空から登場という展開に「ありえねぇ……」と 上条当麻はつぶやくが、その少女はこう言った。

自分は“魔術”の世界から逃げてきた――と。 そして彼女は自らを『禁書目録』(インデックス)と名乗る。 ここは“超能力”が一般(あたりまえ)として認知された、 “科学”の象徴である学園都市。 どう考えても偽名な少女のオカルト発言に、 上条はいぶかしむが――――次の瞬間。 上条の前にインデックスを追ってきたという“魔術師”が現れた。

異能を打ち消す右手を持つ少年の、少女を守る戦いが今始る……!

ニコニコインフォより

「アニメ・ゲーム配信情報」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング