ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

むしろゲームは社会にとって欠かせない娯楽なのでは? 「30歳にもなってゲームやめたら?」に反論

 はてな匿名ダイアリーの「30歳にもなってゲームやめたら? 」という投稿が話題に。

 内容は、ゲーム制作に携わる投稿者が、大手が作る作品のチェックも兼ねて、趣味としているゲームに対し、「30にもなってゲームとかやめたら?」「もっと大人っぽい趣味見つけたら?」と友人に言われたというもの。

 この話題を受け、小飼弾氏山路達也氏が4月3日配信の『ニコ論弾時評』で、「むしろ、30歳過ぎても子どもっぽいというのは魅力じゃないか?」と持論を展開しつつ、ゲームの必要性について言及した。


山路:
 「30歳にもなってゲームやっているのは子どもっぽいんじゃないか?」というニュースが話題になっておりましたが、弾さん的にはいかがでしょうか?

小飼:
 えっ、「子どもっぽい」って、なにが子どもっぽいんだろう。

山路:
 その30代くらいになっている人が、飲み会なんかで、自分が「ゲーム好きだ」ということを言ったら、「もうちょっと、大人っぽい趣味をやればいいじゃん」って……。

小飼:
 なに、「大人っぽい」って「飲む・打つ・買う」とかそういうことですか? むしろ、30歳過ぎても子どもっぽいというのは魅力じゃないか、それは?

山路:
 ああ(笑)。

小飼:
 うん。「大人げない大人」ということで、それはプラス評価になりこそすれマイナス評価になるの?

視聴者コメント:
 「今時のハイスペゲームは、金がかかるし子どもじゃできない」

山路:
 ああ、たしかに。課金ゲームというのは、そうなのかもしれないなあ。

小飼:
 うん。『ポケモンGO』くらいなんだよね。だからゲームという意味では、僕はゲームを作る側とかのことはある程度分かってもアレだよね、うん。


山路:
 でも、私の親父なんか、40歳くらいのとき、趣味ってそんなになかったと思うんですよね。家でビールを飲んでプロ野球を観るくらいかな。昔に比べれば……。

小飼:
 いかにも「20世紀のお茶の間」という感じがするね。

山路:
 それに比べたら、趣味が多様化しているのかなっていう気はするんですけどね。

小飼:
 で、ゲームはアレでしょ? もはや、社会にとって欠かせない娯楽なんじゃないの?

山路:
 「欠かせない」とまで言う。

小飼:
 うん、欠かせないですよ。もともと「ゲーム」というのは、サッカーとか、そういうものだって含めるわけですよ。スポーツだって含めるわけですよ。

山路:
 うんうん。直に、それが金に結びつくとかじゃなくて。

小飼:
 はい。最近「【※】eスポーツ」という言い方もしますけれども。

※「eスポーツ(e-sports)」
「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略。コンピューターゲームやビデオゲームで行われる競技のこと。

山路:
 プロゲーマーで稼ぐ人とかもね。

小飼:
 はい。だから、子どもっぽいというのは、そう、ネガティブなことばかりではないよね。

この記事に関するタグ

「生活」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング