ニコニコニュース

話題の記事

何の因果関係もない自殺・他殺が何件も…実在する“事故物件多発エリア”の紹介がエグすぎる。松原タニシ「この一帯、全部それぞれ違う死に方」

 想像してください。もしひとりの殺人犯の手によって“悲劇”が起きた場合、その犯人が逮捕されれば悲劇の連鎖は止みます。しかしまったく因果関係のない自殺・他殺が何度も起きる建物や地域があるとしたら……そこには別の“何か”の力が働いている……のかもしれません。

 事故物件について徹底的に語り尽くす番組「事故物件ラボ」が事故物件公示サイト「大島てる」でお馴染みの大島てる氏@Oshimaland)と事故物件住みます芸人の松原タニシ氏@tanishisuki)をMCに、ゲストにライター・漫画家・イラストレーターの村田らむ氏@rumrumrumrum)を迎えて、niconicoで放送されました。

 今回の放送では、松原氏が「死者が4人も出てしまったマンション」をはじめとした炎アイコン【※】が密集した“エグい&キツい”事故物件エリアを紹介します。

※炎アイコン
サイト「大島てる」内で事件・事故の現場を示しているアイコン。

左から大島てる氏松原タニシ氏村田らむ氏

-あわせて読みたい-

ほんとにあった怖い事故物件「神棚の下の電話がびしょ濡れに」「起きたら足がパンパンに膨れていた」…“怪奇現象”が次々に起こる家の正体とは?

「亡くなった住人の霊が」「殺した妻が毎晩夫の枕元に」…偶然の一致か、呪われた住所か? 実在する”心霊現象”が起きた事故物件を大島てるがご紹介

あえて事故物件と嘘をつくケースが!? 悪徳不動産業者の手口について事故物件公示サイト管理人・大島てるが解説


幼い姉妹が火災に見舞われ、因果関係のない男女が続いて自殺。計4人の死者が出たマンション

松原:
 “エグい&キツい”事故物件といいますか、これはキツい場所ですね。てるさんと一緒に散歩した場所です。

 関西のとある場所ですね。事故物件が密集しているのですが、全部別々の事故物件ですね。ちょっと見ていきましょう。

 こちらは先ほどの画像で炎アイコンが左上に三つ並んでいるところですね。これは同じ建物です。親がホステスで、仕事中に幼い姉妹が2名死亡ということですね。ホステスが仕事に行っている時に残していた子供が亡くなっちゃうという物件です。

 これは同じ建物の5階の一室の押入れで、20代男性が首吊り自殺とあります。

 5階の同じ部屋で因果関係がない他の入居者の20代女性が首吊り自殺。計4人亡くなっているということなんですけれども。

村田:
 因果関係ってどういうこと?

松原:
 その首を吊った男性の部屋に次に住んだ人が、何の関係もなく首吊り自殺を同じ部屋でしちゃったっていう。5階でふたり死んで、1階は関係なく子供がふたり死んでいるマンションでした。

炎アイコンだらけの自殺他殺多発エリア

松原:
 こんなに炎アイコンが固まっています。

 まず固まっている一番左上に、無理心中がありました。これは1階の母親が子供ふたりを殺して自分も死んだということですね。

 続いて東側ですね。外国人女性飛び降り自殺。これはホテルですね。

 これは地元住民から聞いた話。不動産屋から「心理的瑕疵【※】物件ですよ」と言われたのを「大島てる」に投稿しただけなので、事故物件かどうかは確定ではない。

※瑕疵
不動産での取引において、土地・建物に、瑕疵(きず)がある物件を指す。

大島:
 そうですね。暴力団の事務所の可能性もありますし、孤独死か自殺の可能性が高い。

松原:
 どういう死因かは、わからないんですね。

 2階にて殺人事件発生。これは身内の殺人でしたかね。殺人事件が同じ建物で起きています。

 隣は首吊り自殺ですね。これはまた別の部屋です。この建物だけで3人亡くなっているということですね。

村田:
 よく死んでいますね。

松原:
 こちらは硫化水素による自殺。これは違う建物です。これも自殺ですね。これが西側の建物になっております。次、道路を挟んで東側にいきます。

 火災による死亡ですね。放火なのかボヤなのかわからないですけれど、火災で亡くなっています。

 浴室にバラバラ遺体殺人事件。この一帯に固まっている炎アイコンですが、全部それぞれ違う死に方という。

大島:
 たとえば淡路島、あるいは山口県でもあったんですけれども、同じ犯人の男が近隣の家で刺し殺して、また隣のお宅で刺し殺して、ということを5軒ぐらいの家でやるという事件がありました。 それは怖いんですけれど、同じ犯人ですから、その犯人が逮捕されればひと安心といいますか、それ以上は犠牲者は増えません。なぜかと言ったら、「悪い人がひとりいた」ということですから、すんなり理解できると。

 ただ、こういうバラバラな理由による事件がたくさんあるとなると、今後もまた起きても不思議ではないと思ってしまいますよね。

松原:
 実はもう一枚画像があります。

 アイコンが固まっている場所からちょっと離れているのですが、そんなには離れていない場所で、男性店主が将来を悲観して首吊り自殺というのがあるんですけれど、ここが実はとある自転車屋でして、僕が10年近く自転車がパンクしたら修理しに行って、空気も入れさせてもらっていたところなんですよ。

 店が閉まっているなと思って「大島てる」を見たら、「将来を悲観して首吊り自殺」ということが書かれていたんです。近隣の方に聞くと、どうやら近くに大手の自転車屋が開店したらしく。他の自転車屋がそこに作られたわけですから、それが原因じゃないかな、という。


「事故物件住みます芸人」の松原タニシ、初の書き下ろし単行本
事故物件怪談 恐い間取り】 好評発売中!

20年に渡る青木ヶ原樹海のルポをまとめた村田らむによる単行本
樹海考】 好評発売中!


▼記事化の箇所は1:01:13からご視聴できます▼

大島てる×松原タニシの事故物件ラボ

-あわせて読みたい-

ほんとにあった怖い事故物件「神棚の下の電話がびしょ濡れに」「起きたら足がパンパンに膨れていた」…“怪奇現象”が次々に起こる家の正体とは?

「亡くなった住人の霊が」「殺した妻が毎晩夫の枕元に」…偶然の一致か、呪われた住所か? 実在する”心霊現象”が起きた事故物件を大島てるがご紹介

あえて事故物件と嘘をつくケースが!? 悪徳不動産業者の手口について事故物件公示サイト管理人・大島てるが解説

「生活」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング