ニコニコニュース

話題の記事

スプラトゥーン、ゼルダの伝説、ドンキーコングetc…『スマブラSP』超強力な“最後の切りふだ”の元ネタを解説

 任天堂ゲームのキャラクターが一堂に会し、ド派手な乱闘を繰り広げる『大乱闘スマッシュブラザーズ(以下、スマブラ)』シリーズにおいて、ド派手なエフェクトと共にキャラクターが一撃必殺の攻撃を繰り出す「最後の切りふだ」。

 12月7日に発売を控えたシリーズ最新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(以下、スマブラSP)』においても、そのシステムの続投が決定しており、ファンの間でも期待が高まっています。

 本記事ではいんげんさん投稿の『【ゆっくり解説】スマブラの最後の切りふだ元ネタ解説①【スマブラSPECIAL】』を元に、『スマブラSP』に登場する「最後の切りふだ」の元ネタについて解説を行います。


【ゆっくり解説】スマブラの最後の切りふだ元ネタ解説①【スマブラSPECIAL】


極太インクレーザーを発射! インクリング「メガホンレーザー」

 「シューター」や「ローラー」などのブキを駆使して、バトルフィールドにインクを塗る陣取りゲーム『Splatoon』シリーズの主人公・インクリング。『スマブラSP』にて初参戦を果たしたキャラクターです。

 最後の切りふだは「メガホンレーザー」。設置したメガホンから、極太のレーザーをする強力な攻撃です。

 この技の元ネタは、『Splatoon』の「スペシャル技」である「メガホンレーザー」。スマブラSPと同名のもので、同じく極太のレーザーを前方に射出します。

 スマブラSPでは、レーザー射出はもちろんのこと、メガホン上部に搭載されているインクの排出口のような部分から、インクが噴出している様子まで再現されています。

 なお、スマブラSPでメガホンレーザーを使用するには、「スマッシュボール」というアイテムを取得する必要がありますが、Splatoonにおけるスペシャル技は、ステージに一定量のインクを撃ち、「スペシャルゲージ」を溜め切ることで発動することが可能になります。

爽快ラッシュで相手を吹き飛ばす ドンキーコング「ジャングルビートラッシュ」

 『スーパードンキーコング』などの主人公・ドンキーコング。見た目通りのパワーファイターで、彼の拳から放たれるパンチはかなりの威力を発揮します。

 最後の切りふだは『ドンキーコング ジャングルビート』にて使用されるパンチのラッシュ攻撃。猛スピードで無数のパンチを相手にお見舞いし、思い切り吹っ飛ばしてフィニッシュ。爽快感あふれる豪快な技です。

 元ネタは、ジャングルビートに登場するコング戦でのラッシュから。太鼓型のコントローラーを実際に叩くことで繰り出せる、コングにパンチを叩き込む技です。

「ゲーム」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング