ニコニコニュース

話題の記事

個性あふれる兵器・パンジャンドラムが大集結 第2回パンジャンドラム最速王決定戦「P1グランプリ」が開催

 今回紹介するのは、たらちゃん(英国面)さんが投稿した『【Besiege】第2回パンジャンドラム最速王決定戦P1グランプリ①VOICEROID実況』という動画です。再生数は3万回を超えました。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

お待たせしましたP1グランプリ動画です
一試合が予想より伸び一試合ずつ投稿する事にしました


 第2回パンジャンドラム最速王決定戦「P1グランプリ」が行われました。Besiegeというゲームに個性あふれるパンジャンドラムが集結。自爆したり、何もないところで自爆したり、ハプニングあふれるレースとなりました。

 まず、パンジャンドラムについて解説します。パンジャンドラムは、第二次世界大戦中に英国軍が開発した兵器です。兵器といっても車輪が転がるっていくような独特な形。無人で走り搭載した爆薬で爆破するという自爆兵器でもあります。実際には、ろくに直進もできないまま開発中止となりました。

 このパンジャンドラムをBesiegeで走らせます。Besiegeは自分の作った兵器で遊ぶゲームです。大会は抽選で選ばれた25人で争われます。今回の動画は予選Aブロックの5名で争われました。個性派ぞろいです!

第1コース:頭文字P(イニシャルP)

 サイドの追加シールドプレートにより横からの攻撃に強い。8機のロケットによるブーストも可能。

 ・第2コース:Thing パンジャンX

 見た目のわりにブロックを使っていない新型パンジャン。サイドの防御力が高められている。

・第3コース:パイドパイパー

 風船が特徴的。はたしてちゃんと走行できるのか。

第4コース:うなぎゼリー美味しい

 車輪についたドリルで制御を行う。後方には20機のロケットエンジンを搭載。強力なブースト加速が可能。

第5コース:いつもあなたの後ろに二段式蒸気圧パンジャン

 ロケットとポンプによる二段階ブーストが可能。

 さて、この5機によるレースの様子を見ていきましょう。いきなり飛び出したのは「うなぎゼリー美味しい」。20機のロケットブーストを序盤で使いました。独走状態です。後方ではパンジャンが密集してしまい爆発が起きています。大丈夫なのかー!

 ゴール手前で破損したもののそのままゴール。「うなぎゼリー美味しい」がぶっちぎりの速さで優勝しました。

 次にゴール手前に到着したのは「Thing パンジャンX」。そのままゴールできるかと思いきや、ゴール手前に落ちていた「うなぎゼリー美味しい」が落としていったドリルにあたって爆破してしまった!

 そこに追い付いてきたのは、ドリフト走行が美しい「頭文字P」。「Thing パンジャンX」の爆発のおかげで綺麗になった道を行きます。無事ゴールかと思われかけたその瞬間、ああああああああああああ、ゴール手前で爆破してしまったー!!また「うなぎゼリー美味しい」のドリルだあああああ。

 自爆後スタート地点にもどされ、結局、最終ランナーになってしまった「頭文字P」。ドリフトを決めながらラストのストレートに入ります。

 「スペックはいいパンジャンなのですが、何が起こるかわかりませんね。」と実況アナウンス。そのとき、なんか爆破したー!!何にもないところで自爆してしまったー!!

 解説者のネヴィル・シュートさんは、この自爆の原因について「パンジャンだからさ」と解説しています。ハプニングだらけの楽しい大会になっています。

視聴者コメント

自爆数が多いのもまたパンジャン
いやあ、面白かった
皆素晴らしすぎる!
最高に楽しいな…
Bブロッククッソ楽しみ

文/高橋ホイコ

▼激闘の様子はこちらから視聴できます▼

【Besiege】第2回パンジャンドラム最速王決定戦P1グランプリ①VOICEROID実況

―関連記事―

Nintendo Laboで英国珍兵器『パンジャンドラム』を再現。自由自在な動きに「本家越えてる」「精密すぎて逆に再現度低い」と絶賛の声

ドイツ『III号戦車』開発に至るまでの歴史。英国で開発された“うすのろのデカブツ”はいかにして第二次大戦で活躍する兵器に変貌したのか

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング