ニコニコニュース

話題の記事

気弱なナイーブT細胞がムキムキマッチョに超進化! 3分で振り返る『はたらく細胞』第3話盛り上がったシーン

 『はたらく細胞』3話上映会が、2018年7月23日にニコニコ生放送にて放送された。

 ここでは、本放送のコメントデータを抽出し、とくに盛り上がっていたシーンTOP3を紹介していく。

(画像は『はたらく細胞』公式サイトより)

『はたらく細胞』第3話盛り上がり指数TOP3

『はたらく細胞』第3話上映会におけるコメント数のグラフ。

※コメント盛り上がり指数
1分間あたりのコメント数からそのシーンの盛り上がり度を編集部独自に算出した数値。

1位:血小板が居る空間は非常に平和

『はたらく細胞』3話上映会より)
『はたらく細胞』3話上映会より)

 もっとも盛り上がったのは、血小板たちが掃除を行うシーン(③21:41ごろ)

 白血球やキラーT細胞たちがインフルエンザA型との戦闘を開始したころ、樹状細胞の近くでは血小板たちが落ち葉を拾い集めていた。

 戦場とは違う安らかな空間と血小板たちの可愛さに「きゃわたん!」「かわいい」コメントが弾幕となって流れた。

2位:ムキムキマッチョの細胞参戦!

『はたらく細胞』3話上映会より)
『はたらく細胞』3話上映会より)

 2番目に盛り上がったのは、通路脇からムキムキマッチョの細胞が参戦するシーン(①16:23ごろ)

 インフルエンザB型に徐々に追い詰められていく白血球ならびにキラーT細胞たち。

 そこへ、壁をぶち抜いて援軍の細胞が到着する。この細胞の肉体が超絶ムキムキマッチョな姿をしているのだった。

 筋肉粒々な細胞の正体に気付いている人もおり、コメントも「誰!?」「声w」「もどして」などが溢れかえっていた。

3位:インフルエンザA型、強し

『はたらく細胞』3話上映会より)
『はたらく細胞』3話上映会より)

 3番目に盛り上がったのは、インフルエンザA型にエフェクターT細胞が吹っ飛ばされるシーン(②20:30ごろ)

 全てのインフルエンザを駆除したと思いきや、新たに1体のインフルエンザが出現。これをさっさと駆除しようと筋肉粒々のエフェクターT細胞が攻撃を行う。

 しかし、ぼさっと立っていたインフルエンザは腕を振りかぶるや、エフェクターT細胞を一撃のもとに吹き飛ばしてしまう。

 あまりの強さにに「あれ!?」「へw」「つよい」といったコメントが書き込まれた。

第4話は7月30日放送

―『はたらく細胞』関連記事―

血小板ちゃんたちが大活躍で激萌え! 3分で振り返る『はたらく細胞』第2話盛り上がったシーン

この記事に関するタグ

「アニメコメント分析」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

2018 秋アニメ一覧 Nアニメ

アクセスランキング