ニコニコニュース

話題の記事

『うちゅう人 田中太郎』作者・ながとしやすなりが語る誕生秘話 脇役だった田中太郎を主人公に変えた編集者の一言とは

 コロコロ卒業生に贈る大人のコロコロ『コロコロアニキ』の公式生放送に、コロコロアニキで新作が連載開始された『うちゅう人田中太郎』の作者・ながとしやすなりさんがゲストで登場しました。

 番組MCのお笑いコンビ・なすなかにしの那須晃行さん中西茂樹さん、アシスタントのかえひろみさん、コロコロアニキ編集部記者の石井さんに、『うちゅう人田中太郎』の案の段階で、端のほうに描いた宇宙海賊「乗組員A」という脇役キャラクターが、後の主人公である田中太郎になったという誕生秘話を明かしました。

『うちゅう人田中太郎(1)』。
(画像はAmazonより)

―関連記事―

池澤春菜、初主演作『レッツ&ゴー』豪役を20年経って振り返る。男の子役未経験でも抜擢された理由には“烈兄貴”渕崎ゆり子の存在が

漫画版『ポケットモンスター』作者の穴久保幸作が語る“ギエピー”誕生秘話「5匹しかポケモンの資料がない中で連載がスタートしたんです」


太郎は元々脇役キャラだった! 14年ぶり復活『うちゅう人田中太郎』誕生秘話

左から那須晃行さん、中西茂樹さん、かえひろみさん、ながとしやすなりさん、石井記者。

那須:
 先生、きょうはじめてお会いしましたけれど、どの角度から見てもいい人ですよね。

かえ:
 耳も福耳でね。

ながとし:
 ありがとうございます。

那須:
 ニコ生に出られるとかは何回か経験は?

ながとし:
 はじめてですね。

中西:
 先生、なんかすごい愛らしいというか、後ろに切れ目入れて俺、貯金箱にしたいです(笑)。

ながとし:
 動物的な(笑)。ありがとうございます。

那須:
 先生、怒ることってあるんですか。最近何で怒りました?

ながとし:
 そう言われるとちょっと思い出せない(笑)。でもいろいろありますよ。結構自分にイライラしてね。最近、メガネをどこかに置き忘れて。机の上とかにあって。何でかわからない。

那須:
 物忘れの話ですよ、それ(笑)。

ながとし:
 それでイライラしたりはします。

那須:
 ながとし先生のプロフィールを紹介してください。

かえ:
 ながとし先生は鳥取県生まれの現在51歳です。19歳で上京し、ちばてつや先生のアシスタントを経て、30歳で漫画家デビューされました。そして1998年『ジャングル・ジムジム』で小学館42回新人コミック大賞藤子不二雄賞を受賞され、『うちゅう人田中太郎』を連載スタート。

 テレビ東京「おはスタ」内でアニメ化もスタートされるなど、大人気となりました。そして今回、2004年に惜しまれつつ終了した『うちゅう人田中太郎』がコロコロアニキで大復活しています。

中西:
 コメントでも「懐かしいよ」と流れていましたけれども。

那須:
 14年ぶりに復活ですか。『うちゅう人田中太郎』がはじまったきっかけは何だったんですか。

ながとし:
 プロフィールの紹介でもありましたけれども、『ジャングル・ジムジム』という漫画をコロコロコミックに持ち込みに行ったんですね。それは賞に出しましょうということになって、次はどんな話にしましょうかと考えていたのが、宇宙人が主人公だったんですけれど、全然別の主人公で。

 ちょっとあんまり覚えてないんですけれど、宇宙海賊みたいな(笑)。宇宙海賊の主人公がいて、周りにいろいろ乗組員がいて、というアイデアを持って行ったんです。そうしたら「あまり面白くないね」と言われて。

 端のほうに「乗組員A」みたいな感じで、こんなやつがいてもいいかなと田中太郎の顔を描いたんです。「こいつの顔のほうが面白いね」って言われて、こいつを主人公にしたほうがいいんじゃないかということで、そこからいろいろと。

中西:
 じゃあもともと、脇役のやつがおって、そいつが主人公になってしまったと。

ながとし:
 そうですね。

中西:
 え~! そんなことあるんですか! 僕らも番組とかに出させていただいた時に脇役とかでいますけれど、一向に主役になれていないですからね。

ながとし:
 いやいや、そんなことないです(笑)。

かえ:
 先生が優しい(笑)。

ハチャメチャなギャグも「宇宙人だから」で成立してしまう面白さ

那須:
 話のアイデアはどういう感じで考えられるんですか。

ながとし:
 とりあえず考えるんですけれど、考えたら打ち合わせで膨らませるような感じですね。編集さんもいろいろアイデアを出してくださるので。

那須:
 考える場所はお家が多いんですか。

ながとし:
 そうですね。自分の家が多いですね。机の前というか。いろいろ人によっては散歩しながらとかありますけれども、僕の場合はそういう時はやっぱりアイデアが浮かばなくて、机に座って考えています。

中西:
 主人公の田中太郎は独特じゃないですか。

ながとし:
 顔がですか?

中西:
 内容とか、キャラクターがね。すごくいろいろ面白いことをするんですよ。「なんでこんなことになるんやろうな?」ということが、テンポよく進むんですよね。結局、「宇宙人やからそうなのか!」ということで、すべてが成立してしまうのがすごく楽しかったです。

石井:
 まさかこうなるとは思わなかった、というギャグがね。最初の話と全然違う方向に転がって行ったりとか。

中西:
 2ページに1回は不思議なことが起こったりするんですよ。テンポがいいというか。

那須:
 テンポは結構こだわられていたんですか。

ながとし:
 できるだけギャグは入れていこうとは考えていましたね。

中西:
 たかしくんがツッコんだりするじゃないですか。どのページを見てもツッコんでいますもんね(笑)。たかしくん、喉枯れるの早いやろうなと思いながら見ていました(笑)。

「マンガ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング