ニコニコニュース

話題の記事

「オタクは引っ越しでぼったくられている」オタク特化の不動産会社代表が語る業界の裏側

 「引っ越し費用ってなんでこんなに高いんだろう?」

 誰しも一度は思ったことがあることはないのでしょうか。敷金礼金は高いし、家賃以外にもいろいろな費用がかかって、最終的にはけっこうなお金が飛んでいきます。

 さらには不動産会社に「ぼったくられた」「対応がひどかった」などという黒い噂を聞くことも。ただ、実際どうなのかは素人の知識だとわからない部分が多いですよね。

 というわけで、今回はそんな疑問を現役不動産会社の代表にぶつけてみました。

 お話をお聞きしたのは、2018年6月にゲーム界隈を中心に特別な割引を実施するサイト“おたくのやどかり”のサービスを開始し、不動産業界の闇をコミカルタッチに暴露し話題を集めている株式会社グランツアセットの代表取締役を務める平田知彬氏。

 「オタクは本当に不動産会社にぼったくられているのか」をはじめ、業界の裏話やオタクの物件探しエピソードなどいろいろお話をお聞きしました。

自身もかなりのゲーマーでオタクな平田知彬氏。

■平田知彬氏プロフィール
オタク特化不動産“株式会社グランツアセット”代表取締役。
ゲームが好きすぎて仕事終わりに毎日ゲームセンターへ通うほどのゲーマー。その腕前は全国ランキングにのるほど。
現在は『シャドウバース』にドハマり中。大会の配信に際して、エール(投げ銭)を1日で50万使いレジェンドサポーターに名を連ねるも社員からは無反応。

オタクは不動産会社にぼったくられている

──担当直入にお聞きします。オタクは引っ越しでぼったくられているんですか?

平田知彬氏(以下、平田):
 正直そういうケースは多いです。これは不動産の裏側の話になってしまうんですが、駅前によくある系列店などはお客さんを選ぶんですよ。なぜならコントロールしやすいお客さんだと(不動産側に)都合のいい物件を紹介できて売上が高くできるからです。

 オタクだけが……というわけではないのですが、オタクの方は人柄がよかったり、しゃべりかたが穏やかでイケイケなオーラを出している方が少ないじゃないですか。そうすると、印象として(コントロール)しやすいお客さんとして扱われやすいと思います。

──具体的にどのようにぼったくられていくんですか?

平田:
 たとえば消火器はホームセンターに行けば3000円くらいで購入できるのですが、請求書には12000円と書いてあったり、15000~20000円でできる鍵交換代にいくらか乗せていたりいろいろあります。

 さらに、これは本当に犯罪のラインなんですが礼金乗っけというものもあります。敷金1礼金1の物件を、図面を改造して敷金1礼金2にしてその1ヵ月分をそのまま営業マンの財布に入れるという。

“おたくのやどかり”ではこのような業界の裏側をコミカルな会話形式で紹介しています。

──聞いたことあります。僕自身も引っ越しする際に、複数の不動産で探した時に同じ物件なのに礼金の数値が違うものがありました

平田:
 そうなんです。本当にあるんです。ほかにも、お客さんのしゃべりかたや風貌を見て、ちょっとコントロールしにくそうだなってなった場合、雑に扱われることもあります。つい最近うちにいらっしゃった方もそうだったんですが、勝手に物件を見にいかせるというケースもあるんです。

──えっひとりでですか?

平田:
 そうです。業界用語で「飛ばし」って言うんですが、現地に鍵が置いてあるから勝手に開けて見て気に入ったら戻ってきてというやつです。本当はやってはいけないんです。でも現状やってるところがあるのも事実なんです。

ゲーマー仲間の物件を紹介したのがいまの事業のきっかけ

──現在平田さんは、オタク特化の不動産として“株式会社グランツアセット”、なにやら過激な暴露を連発していると噂の“おたくのやどかり”を運営していますが、なぜこのようにオタクに特化した不動産を設立することになったのか教えてください。

平田:
 もともとゲームが好きで、仕事終わりに毎日ゲームセンターへ行って格闘ゲームやリズムゲームを遊んでいたんです。そこで知り合った友人から引っ越しで「めちゃくちゃお金取られた」や「対応が最悪だった」という声をたくさん聞いて。

──そのころから仕事は不動産だったんですか?

平田:
 はいそうですね。ただ、僕は賃貸ではなく売買のほうが専門でしたので、賃貸じたい業務として行っていなかったんですが、「知り合いだけでも紹介しよう」と思って個人的な窓口を設置したのがきっかけですね。

──ではもともといまのような業務でやるつもりはなかったと?

平田:
 そうですね。身内だけでもという気持ちでした。正直な話、売買のほうが動く金額って桁外れに多いんです。数千万とか数億とか。その分、ものすごい知識量を求められたり交渉力が問われるんですが。でも賃貸だと1件数万円なので、とくにやらなくてもいいかなと思っていました。

──身内だけ面倒見れればいいというスタンスですよね。それがなぜ“株式会社グランツアセット”を設立して会社として動くことになったんですか?

平田:
 身内に紹介しだしたのが2016年の9月くらいからなんですが、口コミでどんどん広がっていて、僕個人ではやりとりが追い付かない量の案件になってしまったからです。Twitterのダイレクトメールで100件以上はきていました。

──それで会社を設立して窓口を設けたと。どのくらいの方がご利用されたんですか?

平田:
 非常に多くの方にご利用いただいています。売り上げで言うと、2017年の売上は1億ほどですね。

──1億!? やはり不動産って儲かるんですね。

平田:
 うちは仲介手数料も安くさせてもらってますが、それでも十分やっていけています。

 それなのにいまでもぼったくり案件がなくならないので、“おたくのやどかり”というサイトでいろいろ暴露して防衛するための知識をみなさんにお伝えしていけたらなと思ったんです。あくまでオタク友だちが騙されないように注意喚起をうながすのが目的です。だから宣伝もほとんどしていなんいですよね。最後にちょこっとだけここなら安心だよってくらいで。

“おたくのやどかり”は注意喚起を目的としたサイトとのこと。

──サイトのトップにコスプレイヤーの五木あきらさんがでかでかと出ていましたが、こちらはどんな理由で彼女に相談したんですか?

平田:
 まず芸能人ではなくコスプレイヤーさんに任せようというのは決めていました。コスプレイヤーさんの中にも、アニメや漫画などいろいろなジャンルがあるんですが、僕が重点をおきたかったのがゲームだったので、ゲームと根深く、その方自身もゲームをプレイしている、という条件で探していたところ、彼女がピッタリだなと。

──サイトだけでなく、物件案内のやりとりをするラインのアイコンも彼女ですよね? いきなり変わってビックリしました。

平田:
 かわいいから変えました。ただ中身はおっさんです(笑)。

──サイト上ではけっこう過激な内容の記事がいろいろあがっていますが、周囲の反響とかどうでした?

平田:
 非常に多くの方にご覧いただいています。サイト開設から3日で13万PVはいったみたいです。僕自身これがすごいのかはいまいちわかっていないんですけど。

──それはヤバいですね。ちょっとしたメディアサイトレベルの数値だと思います。内容は真面目なんですが、おもしろおかしく読めるのもいですね。事故物件の話好きなんでこれからもいろいろ暴露楽しみにしています。

この記事に関するタグ

「生活」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング