ニコニコニュース

話題の記事

トルコ風呂、おスペ、バイオレンスetc…現代性風俗の前身となった“性的サービス”発展の歴史【性風俗シリーズ第3弾】

 6月20日、潜入ライターとして活躍するニポポ氏@tongarikids)による「ニポポのニコ論壇時評」が放送されました。

 前回の遊郭の歴史RAAの設立」のエピソードに引き続き、今回は、RAAの廃止後、数を増大させていった「性風俗」について議論。

 廃墟愛好家であり、『ダークツーリズム・ジャパン』などの編集長を務める中田薫氏とともに、性風俗が全国各地に広がっていった経緯と、多様化するサービスについて徹底解剖した内容をお届けします。

※写真提供・中田薫

左から中田薫氏ニポポ氏

―性風俗シリーズ―

【第1弾】
「性風俗」を語りませんか? 遊郭、ちょんの間etc..「花街の歴史」を貴重な写真とともに振り返る【性風俗シリーズ第1弾】

【第2弾】
“肉の防波堤”とは? 米兵から日本の女性を守る国策──学校では教わらない敗戦&売春の真実に迫る【性風俗シリーズ第2弾】


RAA以降の性風俗

中田:
 これが江戸通りの写真です。RAA施設だったんですけども、赤線になったんですね。ちょっとおしゃれ。

ニポポ:
 映画のワンシーンみたいですね。

中田:
 次の写真が、吉原ですね。これも、一時期RAAだったんですけれども。

ニポポ:
 おしゃれですね。

中田:
 ええ、風情があっていい感じですよね。

 これは鳩の町です。

ニポポ:
 こういった夜の街というのは、いわゆる外国人連合国の当時の人たちは、入れたんですか?

中田:
 RAA時代は入れました。

 これは新宿二丁目ですね。

ニポポ:
 きれいですね。スタイルもいいですね。

中田:
 そう。服装も化粧も、あか抜けているんですよね。

 これは、横浜にあった、外国人専門の売春ホテルですね。

ニポポ:
 売春ホテルというのがあったんですね。

中田:
 「チャブ屋」と呼ばれていました。

ニポポ:
 満面の笑みですね。

中田:
 で、RAAがなくなったあと。これがソープランドの元祖、東京温泉です。

ニポポ:
 娯楽サウナっていう扱いだったんだ。

中田:
 これが、東京の東銀座ですね。トルコ風呂の元祖個室付き浴場東京温泉ですね。

ニポポ:
 なるほど。

中田:
 ちなみに、これは性的サービスありません。あくまでこれはサウナなんだけれども、「おスペ」と呼ばれるサービスがあったんですよ。

 おスペとは「スペシャル」のことなんですけれども、いわゆるスチームバス補助員が付くんですけれども、この補助員がプレイをしてくれると。

ニポポ:
 いわゆるハンドサービスが入るわけですね。

中田:
 吉原組合がありますから、警察に目を付けられるんで、最初はそういうことはしませんと。ところが、やっぱりスペシャルをさらに過激にしたサービスというのが、出始めちゃうわけですよね。

 そして、これがハンドからリップになったりとか、アルバイト料亭とか、いろんな言われ方をしていく。これがどんどん派生していくんですね。

 これは大阪の飛田新地なんですけれども、赤線廃止後、アルバイト料亭と言われていたんですね。

ニポポ:
 アルバイト料亭ということになっていたんですね。

中田:
 ええ。大阪ではアルバイト料亭という言い方をしていたんですけれども、アルバイトサロンという言い方も存在していたんですね。料亭というのは、畳、座敷があるから。

 これは何かというと、アルバイトサロンの場合は、お客さんのひざ元にハンカチを置いて、女の子もハンカチ置いて。その下でもぞもぞするという。

 一方で、飛田の方に座敷があるので、アルバイト料亭と呼ばれていたんですね。

ニポポ:
 しっかりお座敷が2階に設けられていて、ということですね。

 次がトルコ風呂ですね。女性従業員、洋服を着てますよね。

ニポポ:
 本当ですよ。マッサージみたいな感じ。

中田:
 これは裸とは無縁で、当時のトルコ風呂は着衣のままサービスしていたんですね。それが「マナーベッド」と言われているサービスなんです。

ニポポ:
 いい言葉ですね。

中田:
 マナーベッドというのは、お客さんの身体を舐めまくるというだけのサービス。

ニポポ:
 いいマナーがここにはある。

中田:
 で、こうした新しいプレイとか、新しいサービスには、警察は何も言えないわけですね。

ニポポ:
 やっぱり後手後手になっちゃうわけですね。

中田:
 これはつまり、性行為として摘発できるかどうかというのを、警察署内で延々会議やって。これは摘発できるのか、それともできないのか。そして、摘発となったら、また新しいサービスが生まれる。

 性風俗の発達の歴史というのは、この摘発と開発の歴史なんです。

ニポポ:
 いたちごっこなんですね。

中田:
 日本の性風俗の発展ていうのは、本当にこういうことの繰り返し。だから、赤線売春防止法以降、赤線が廃止された後も、赤線業者たちというのは、RAAのときに巨額の金がばらまかれているんですよね。

 そして、それはうやむやになって、返さなくていいということになっている。うやむやになっちゃった。だから、性風俗の発達の手助けしているという側面もある。

ニポポ:
 すごい。実は、現状の名残である性風俗も政府資金が回っていた可能性が。

中田:
 そうですね。ですから、赤線は、結局、GHQが「売春ダメだよ」と言ったことによって、遊郭とか、カフェ建築とかいう形になっているんですよ。

※こちらの画像は過激な内容が含まれるため、加工が施してあります。無加工の画像は関連動画よりご覧ください。(関連動画へのリンクは記事末に掲載)

ニポポ:
 これは「マット」と言うやつですね。

中田:
 ですけれども、当時は「バイオレンス」という名前のサービス。今は、マット洗いって言っていますね。

 これが、いわゆる特殊浴場の女性たちですね。

※こちらの画像は過激な内容が含まれるため、加工が施してあります。無加工の画像は関連動画よりご覧ください。(関連動画へのリンクは記事末に掲載)

 これは「二輪車」ですね。年々サービスとテクニックが激化していくわけですね。これは、業者間競争ですから、業界でサービスを競い合う状態ですね。

 で、当時のいわゆる戦後のトルコのこれは、流行していた当時の様子ですね。

ニポポ:
 ゴージャスですね。作りが半端ないお金のかけ方をしていますね。

中田:
 日本髪を結ったお店もありましたし。いろんな形態があったわけですよね。

 次の写真がこちら。これがいわゆる、沖縄の売春ですね。こういう本があるんですね。もうひとつのひめゆり部隊。いわゆる、肉を使って米兵から女の操を救った女たちがいたんだと。

ニポポ:
 すごいですね。これもチェックしましょう。

中田:
 沖縄というのは、本当に大変な目に遭わされていますから。女性たちがいっぱい凌辱されちゃって。だから、遊郭街というのもいっぱいできたんですよね。

 次の写真。これが、沖縄真栄原ですね。ここも、もうなくなりましたね。

 次が、沖縄吉原社交街ですね。これはちょんの間です。

ニポポ:
 1部屋の感覚の狭さ(笑)。これ、建築法とか危ないですね。

中田:
 ちょんの間街というのは、横浜にもあったし、町田にもありましたけど、全部摘発でなくなりましたからね。こういう非合法売春地帯というのは、日本からほぼ壊滅しました。

ニポポ:
 確かに。火事とか起きちゃったら相当危ないですもんね。


この記事に関するタグ

「社会」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング