ニコニコニュース

話題の記事

6/15「のら×のじゃ! 」生放送が100倍尊くなる! 3分で学ぶのらきゃっと&ねこますさんの魅力

 2018年6月15日20時より、人気バーチャルYouTuber(以下、Vtuber)の、のらきゃっとさん、ねこますさんが出演する「のら×のじゃ! in バーチャルキャスト【のらきゃっと・ねこます】」がニコニコ生放送で放送されます。

(画像は「新生のらきゃっと前半 side ねこます【027】」より)

 過去には、のらきゃっとさんの現行モデルお披露目会などで交流の様子を見せていたおふたりですが、今度は『バーチャルキャスト』を利用した配信で共演することになりました。

 今回はVtuber初心者でも放送が楽しめるよう、おふたりの魅力やこれまでの活動歴を年表にまとめて紹介していきます。


バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさん(ねこます)

(画像は「のら×のじゃ! in バーチャルキャスト【のらきゃっと・ねこます】」生放送ページより)

 “バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん”というパワー溢れる自己紹介とともに登場したねこますさん。その自己紹介のインパクトから、“のじゃおじ”という愛称でも親しまれています。

 “中の人”が男性であることを明言しながらもそのキャラクター性が話題になり、人気が爆発。Vtuberとしてトップクラスの知名度を獲得しました。

 そんなねこますさんはTwitter上では、VR空間上で活動する際に必要な技術について、さまざまな情報を発信する一面も。個人勢Vtuberの先駆者として、同じVtuberからも強い支持を集めています。

コンビニバイト

 いまではVtuber界の重鎮的な存在となったねこますさんですが、動画をアップロードし始めた当初の職業はコンビニバイト。VR技術によって生計を立てることを望む一方で、ベテラン女性店員から冷たくあしらわれる日々が続いていたそうです。

 そんな理想と現実のギャップを語った動画からは、「世知辛いのじゃ~」という悲哀たっぷりの名ゼリフが生まれました。

(画像は「それはとっても世知辛いなって【002】」より)
(画像は「それはとっても世知辛いなって【002】」より)

ポッキーゲーム

 昨年11月12日にはポッキーの日にちなみ、“ポッキーゲーム”をやりたいという趣旨の動画を投稿したねこますさん。

 この動画は異常なハイテンションで巨大なポッキーを振り回す様が話題を呼び、後にスマホゲーム『共闘ことばRPG コトダマン』のコラボキャラクターとして出演した際には、戦闘中のモーションや台詞の元ネタとして採用されました。

(画像は「狐娘とポッキーゲームしたい?【003】」より)

やらなければ、はじまらない…

 なぜVtuberとして動画を投稿するのか? という問いに対する一言。一説にはこの言葉が多くの人に感銘を与え、今日のVtuberブームの引き金になったとも言われています。

(画像は「嵐を呼ぶ VRけもみみ帝国の野望【004】」より)

活動年表

2015年6月YouTubeへの動画投稿を開始
同年7月ニコニコ動画への動画投稿を開始
2017年11月VtuberとしてYouTubeへの投稿を開始
 脇からおにぎりを出す
同年12月ブログで紹介されチャンネル登録数激増
 内定を獲得しコンビニバイトを退職
2018年1月Vtuberとしてニコニコ動画への動画投稿を開始
 動画でアキネイターに挑戦するも“性別”という難しい質問に直面する
同年2月のらきゃっとさんにVRChat用アバター“のらねこま”を提供
 公式ニコ生「けもみみおーこく国営公式生放送」がスタート
 ねこますさん、LINEスタンプになる
同年3月バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんのうた(ショート版)が披露される
 のらのじゃ初コラボ動画「新生のらきゃっと前半 sideねこます」が公開される
同年4月秋葉原TSUKUMO eX.に巨大看板登場
 ニコニコ超会議「超バーチャルYouTu”BAR”」出演
同年6月バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんのうた(フルバージョン)が披露される

のらきゃっと

(画像は「のら×のじゃ! in バーチャルキャスト【のらきゃっと・ねこます】」生放送ページより)

 のらきゃっとさんは銀髪と赤い目、そして猫耳のようなエアインテークが特徴の美少女型戦闘用アンドロイド(という設定)のVtuber。

 ゲーム実況動画や、バーチャル空間を利用したネットワークサービス『VRChat』を中心に活動を行っています。

 もともとはニコニコ生放送を中心に配信を行っていましたが、2017年末からはYouTube上でも動画を公開。折しも到来していたバーチャルYouTuberブームの流れもあり、一躍有名Vtuberの仲間入りを果たしました。

ファンの呼称がねずみさん

 “ねずみさん”とは、のらきゃっとさんのファンを指す総称。蠱惑的すぎる表情や仕草の虜になるねずみさんも多く、いわゆる“ガチ恋勢”を多数生み出しています。

思わずときめいてしまうような“ガチ恋距離”が多いのも、人気の秘密かもしれません。(画像は「けもみみTown観光です!」より)

言葉の間と“ご認識”

 彼女の魅力の一端にもなっている、美しい声と独特な言葉の間。

 これは肉声を音声認識ソフトとVOICEROIDソフトを通した機械音声として出力するという、独自の手法から生まれています。

 そして“ご認識”とは、ときおり発生する音声認識ソフトの誤認識のこと。

 唐突に差し込まれる意味不明な“ご認識”ワードは、タイミング次第ではキレッキレのシュールギャグになってしまうことも。のらきゃっとさんの動画を見る上では外せない要素のひとつとなっています。

(画像は「わたしのセキュリティクリアランスは4ある【ロボトミーCorp 1】」より)
(画像は「わたしのセキュリティクリアランスは4ある【ロボトミーCorp 1】」より)

活動年表

2017年4月ニコニコ動画への動画投稿を開始
同年6月ねこますさんに出会う
同年12月YouTubeへの動画投稿を開始
2018年1月ファンの呼称が“ねずみさん”に決定
 “VOICEROID・紲星あかり”を導入、声変わりする
同年2月ねこますさんよりVRChat用アバター“のらねこま”を提供される
 初VRChatでロシア国旗を掲げた戦車に追い回される
同年3月オリジナルドリンク“のらショット”を考案、ねずみさんのあいだでブームになる
 モデルを新調する
 のらのじゃ初コラボ動画「新生のらきゃっと前半 sideのらきゃっと」が公開される
同年4月ニコニコ超会議「超バーチャルYouTu”BAR”」出演
同年6月関西ローカル番組に出演

ふたりの交流は?

 Vtuberブームに先んじて動画投稿者として活動していたふたり。コラボ以前からVR関連技術をもとにした交流があり、Twitterでは仲睦まじく談笑しているふたりを見かけることができました。

 そんなふたりがはじめてコラボ動画を投稿したのは今年3月のこと。のらきゃっとさんの新たな3Dモデル完成をきっかけに投稿されたこのコラボ動画では、互いへのリスペクトを吐露する場面も。もはや相思相愛とも呼ぶべき仲の良さを見せ、多くのファンのハートを射抜きました。

 その後も『VRChat』を使った配信での共演は何度かありましたが、今回はついにふたりで進行する放送が見られるとのことで、ファンのあいだでは期待が高まっています。

(画像は「新生のらきゃっと前半 side ねこます【027】」より)
(画像は「新生のらきゃっと前半 side ねこます【027】」より)

気になった方は生放送をチェック!

 こんなふたりが共演する「のら×のじゃ! in バーチャルキャスト【のらきゃっと・ねこます】」が、6月15日20時より放送されます。

 放送ではトークやお悩み相談のほか、急接近するふたりの仲を堪能できる“???ゲーム”というコーナーや、バーチャルキャストの凸機能を使って番組に参加できるコーナーも。ふたりのかわいさと尊さを味わいたいファンなら、絶対に見逃せない放送となっていますよ。

―関連記事―

たっくさんの画像で放送を振り返り! 「バーチャルYouTuber人狼」生放送フォトリポート

シロがリアル狂人化!? 今日のパンツは何色ですか? わたくしで繋がなきゃ「バーチャルYouTuber人狼」放送で生まれた名言&伝説まとめ

「アイドル」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング