ニコニコニュース

話題の記事

日本で現金決済が多いのは平和の証? 国内でクレジットカードが普及しない理由は「日本の治安が良好だから」

 キャッシュレスがなかなか普及しないとされる日本。総務省から「キャッシュレス化推進に向けた国内外の状況」という資料が公開されました。

 これを受けて、6月4日の『小飼弾のニコ論壇時評』で、プログラマーの小飼弾氏山路達也氏が、資料を解説しながら、「なぜ日本人は現金にこだわってしまうのか?」ということをテーマに、議論を交わしました。

左から小飼弾氏山路達也氏

─関連記事─

「情弱なみなさんというのは、金払いが一番良い人たちなんですよ。」『メルカリ現金売買』や『ZOZOツケ払い』から見る昨今の貧困ビジネス

スマホで撮影→即入金・質屋アプリ「CASH」創業者に、1日でサービスが停止した時の話を聞いてみた。「トラック丸一台分の荷物、どうすればいいですか?」

プレミアムフライデーの矛盾に投資家が言及。「消費税上げると言っている奴らが、消費にお金を回せって、どこの戯言ですか?」

 


日本はキャッシュレス後進国

山路:
 日本はキャッシュレス後進国なのかという話題に移りたいと思いますけど。

小飼:
 まずは、キャッシュレスになった方が先進国なのだろうか? というのは、チェックしておきたいね。

山路:
 そこで、面白い資料がありまして。総務省が、野村総合研究所の協力で、キャッシュレス化推進に向けた国内外の状況という資料を出しているんですけれども。ここで、外国、諸外国におけるキャッシュレス比率の変化と、キャッシュレス化がどれくらい進んでいるかというランキングが出ています。一番が韓国で、2016年の段階では96.4%のキャッシュレス化。

諸外国におけるキャッシュレス比率の変化とキャッシュレス化進展の施策例(引用:「キャッシュレス化推進に向けた国内外の状況」総務省HPより)

小飼:
 ほう。ここでの数字なんですけども、これは全決済回数に対して、キャッシュレスで決済したという回数なのか、決済額なのか?

山路:
 カード決済プラスeマネー決済、その2つを足したものを家計最終消費支出により算出したんで、額なんじゃないですかね?

小飼:
 額か。いや、でも額だとしたら、例えば「家を買いました」という場合は、これは何で決済したことになるの? まさか、5000万円の家を買う時に、1000万円って確かピン札でも10cmくらい厚さがあると思うんですけど、それを5つボーンと出してるわけじゃないですよね。

山路:
 それはちょっとわかんないですね。でも消費だから多分、家とかは消費にはしていない可能性はありますよね。不動産を買ったみたいなものを消費というふうに普通はしない。

小飼:
 車とかはどうだろう? これはもう立派に消費ですよね。消費税も取られるし。ちなみに家とかも建物も上モノは消費税の対象になってますよ。

山路:
 ああそうか。とりあえずこれは、BISという機関が作っている資料、データをもとにしてるみたいですけどもね。

小飼:
 逆に決済回数だと、日本だとSuicaが普及しているわけじゃないですか? ピッと改札に入って改札を出ただけで、1決済ということにすると、キャッシュレス比率というのは、ものすごく高くなりませんか?

山路:
 その通りですね(笑)。

小飼:
 だから回数なのか額なのかというので、結構見えてくる数字が違うと思いますよ。例えば、僕の場合は、回数でいったらもう圧倒的にピッとやるのが多いんですけれども、額から言ったらやっぱりクレジットカードということになりますね。

山路:
 「Suicaは関東だけじゃん」(コメント)とあるけど、別に他の地域でもSuica互換のTOICAとか、ICOCAとか、Apple Payでも出来たりしますよね?

小飼:
 あとSuicaのチャージというのは、これもまた決済であるんだけれども、どっちにカウントされるんだ?

山路:
 どっちって?(笑)。ちょっとそこのところは曖昧で、不明確なデータではあるんですけれども。

 韓国はキャッシュレスが96.4%でそれに続いて、イギリスが68.7%。

小飼:
 イギリス高いね。

山路:
 そうですね。インドが2016年に35.1%、日本は19.8%。意外なことに、日本よりもドイツの方がキャッシュレス比率というのが低くて、15.6%。

小飼:
 ドイツ人がキャッシュが好きだっていうのは、知識としてだけ知っています。なんで日本以上にドイツ人は現金大好きなんだろう?

山路:
 これは謎ですね(笑)。なんか、すごく合理的なドイツ人というイメージもあったんですけれども。

小飼:
 僕自身、ドイツは何回か行ったんですけども、現金は1ユーロも使わず、全部クレジットカードでいきましたね。

山路:
 「クレカは店舗が不利だよね」(コメント)

 確かに日本でキャッシュレス化が進まない理由というのも、ここで調べてあって。

現金・キャッシュレス決済に関するアンケート調査(引用:「キャッシュレス化推進に向けた国内外の状況」総務省HPより


キャッシュレス普及の壁は、決済手数料

小飼:
 そう、日本は手数料をいっぱい取るんですよね。それがつらい。ただ、これには裏の話もあって、例えばアメリカとかでは、クレジットカードというのはまさに、「クレジットとして使う」わけですよね。信用ということです。だから信用買いした上で払える時に、使った分を払う。

 要は、使った人から言うと、全部払わなくてもよくって、全部払わなかった分というのは、借りていることになるわけですよね。もう少しわかりやすい言い方をすると、リボ払いが続いている間というのは、利子がとれるわけですよ。これがすごく高いので、決済自体の手数料は安く出来る。

山路:
 さっきのキャッシュレス比率のランキングでみると、アメリカは意外に低くて、2007年の段階で33.7%。

小飼:
 それってクレジットカードと電子マネーですよね。小切手は含まれてないでしょう。

山路:
 そうですね、アメリカは、2016年の段階でも46.0%なんですよね。

小飼:
 アメリカの場合は、額ベースだとしたら、買い物とか定期的なものというのは、小切手を使うことが結構多いので、それで説明がつくかな。

山路:
 なるほど。


この記事に関するタグ

「生活」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング